5Numbers

L'Arc~en~Ciel好きな人が徒然なるままに書く日記です。日常話も多々。

  • 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ち悪いぐらい「Speed」の好きな点を語ってみる。

  1. 2008/10/09(木) 20:00:39|
  2. ラルク(ソロ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
……タイトルの通りです。
気持ち悪いです。
とても気持ち悪いです。
そして夏中書いてたので無駄にめちゃめちゃ長くなりました。
また、「Speed」持ってる人にしか分からない不親切な感じです。
何で自分でもこれアップしてるのか分かりません。 多分ネタがないからですw
明日になってネタが降ってくるとは限りませんが、今日書いてみます。
携帯からお越し方はこのまま容赦無く表示されます。




気分を害して明日一日の仕事・授業に支障をきたしても、当方は責任を負いかねますのでご注意ください。


……スクロールバーを見て引き返したくなった方、遠慮せずに引き返してください…。














そんなわけで朝水さんの「Speed」語りが始まりますよ!うわぁ横暴!!(゚∀゚)





~出会い~
はい、出会いを語ろうかと思います。奇跡的に「Speed」との出会いは覚えてるんですよね。出会いはCDショップでもTVでもなく新聞でした。
うちが取ってる新聞は週間オリコンチャートも載せてて、そこに「Speed」がいたんですねぇ。んで、順位が良かったんです、後々調べたら4位でした。で、当時既にラルク聴いてた私は姉に「これってマシュー出とった人やんな、『ダムの人』やんな?凄いな~。」と言いました。
…ハイ、現在は「ラルヲタ」の領域ですが、当時は純粋な一介の「ラルクファン」だった私はケン様のことを「ダムの人」とも呼んでおりました。今思うと『ハムの人』のようです。なんちゅー呼び方やとも思いますがそれだけMステでのダムトークは若かりし日の私にとって印象的だったのです。

で、次の出会いはラジオでした。リクエストの曲をかける番組だったと思います。あ、因みに上と同時期なので発売後すぐ、夏休みの終わりぐらいでしょうか。この時は姉の短期留学に伴い外貨獲得のためかなんかよう分りませんが車で母・姉と県庁所在地の銀行に行ってたんですね。で、銀行の駐車場に空きがなくて私は後部座席で半分寝てたんですよ。
そしたらラジオから「Ken」「Speed」とか聴こえて来たんです。その番組は曲を二曲連続でかけてて、「Speed」は二曲目の位置でした。夢うつつだったんですが「あ、ダムの人や~」とワクワクしてたことを覚えております。一曲目が終盤に差し掛かりさぁいよいよ!って時に銀行に着いて車から降ろされてしまいました。


えーと、ここまで書いててまだ「Speed」と生で出会えてません(;´д⊂)


生で「Speed」に会ったのは宮脇書店に併設されたCDショップです。8ヶ月以上経ってますね。去年の春ぐらいで、既にラルヲタの領域に足を踏み入れてました。なんてったってソロのCDまで探してるんですもんね~。
で、初対面の感想は「『Speed』か…速そう+*」でした。当時から既に速いken曲好きだった私としてはソロでも速さを求めてました。しっかしジャケ的には速くなさそう…とか思いつつ、結局この時は買いませんでした。
私、何回も言いますが基本的に財布の紐が固いんです…(´・ω・`)


その後、色々あってそっぷにハマり自分はケンヲタだと自覚しつつ、去年の8月の末にテストが終わった勢いを借りて購入に至るわけです。「Speed」発売から丁度一年経ってます。それなのに初回を置いてある宮脇書店万歳ヾ(*´∀`*)ノ
しかしこの時も相当購入を迷ってます。「そっぷは5曲入って1500円とかやけどこっち2000円近いで…。でもDVD付きやし…うーん…。」みたいな感じで。最終的には姉にメールして決定しました。すまん、姉さん。
まぁ、そんな感じで結局購入するわけです。「『ブルースだ』とか書いてるけど「Speed」って題名やし速いよな?」と謎の期待をしつつ…。
因みに、「Speed」は私が人生で初めて自分の持ち金で買ったCDです。今でも、「Speed」の為にその時までCD買わなくて良かったッとか思ってます。うわぁキモい!(゚∀゚)


以下、~「Speed」曲編~に続く。キモチワルさ倍増なので引き返すならお早めに!











~「Speed」曲編~
んで、鼻息荒く家で聴いた感想はですね、「アレ!?速くない!(゚Д゚≡゚Д゚)」でした。だって「Speed」ってタイトルだから絶対速いと信じて止まなかったんですもん。。
でも、落胆とかはしてなかったですね。そっぷのアルバムの『gAg』も最初はちょっととっつけなかったんですが、半日リピートしてたらある瞬間に「gimme A guiter」(曲の方)に目覚めたのでね。一番こないと思ってた全編英語の「gimme A guiter」のカッコよさに気付いた時は自分で自分にビビりましたよ。その後「Dunce」とか『GRACE』の「GRACE」や「PRIVATE RELIGION」にも目覚め、そっぷ嬢人生を歩み始めるわけです。

話が逸れましたが、そんなわけで「Speed」もリピートしまくってたわけです。そのうち目覚めるだろうと。そしたらものの3回ぐらいで目覚めてしまいました つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
ただですね、「gAg」と違って「Speed」は歌詞から目覚めちゃったんですよねぇ。「gAg」は英語したから何て言ってるか分からなかったんです!訳という意味で!!(ジャケの裏に和訳載ってたけど筆跡しか見てなかった。ハマってから読んですっごいドキドキした・笑)著作権の関係があるので
ここを参照して下さい。。

2番のサビの後半部分、「夢なら~」からがバシコーンとツボにきて!!これはどういう意味だろうと!
私、歌詞解釈とかできるような知識とか想像力とか持ち合わせてませんけど妄想力だけはいっちょ前にあるんで(笑) これは後の「そこ」が夢じゃないから「ここ」は夢ってことなんだろうか、それとも「覚める」じゃなくて「醒める」だから「夢」っていうか「幻みたいな世界」ってことなんだろうかとか色々考えちまったわけです!ぎゃあ恥ずかしい!!(;つД`)
私は発売時のインタとか読んでないので全ては妄想なんですがね。この歌詞も一発書きなのかな?でも歌詞から作ったって聞いたような気もするし違うんかな?ああ~、当時のインタが読みたいよぉ(駄々っ子)


とにかく、「Speed」にはここからドツボにハマってしまったのです。
で、歌詞を読むために歌詞カード読んでみたら漢字が綺麗+* 「讃え」とか「纏おう」とか「帳」とか「零れる」とか…。ケンちゃんってPOSTでは平仮名多用なイメージですが「twinkle,twinkle」でも難しい漢字使ってるんですよね、「翳す」とか「縋る」とか。「縋る」は私リアルに読めませんでした\(^o^)/ その漢字たちの存在もあって凄く繊細だなぁ、綺麗だなぁってのが歌詞の全体をちゃんと読んだ時の第一印象です。

あとさあとさ!(゚∀゚)ノ
冬が終わって春が来て光溢れてめでたしめでたし!かと思ってたんですけど、「Speed」は春ではまだ眩しくて、夏でやっと安らぎを感じてんですよね。求めてるのが「安らぎ」ってあたりが孤独を感じさせて好きだったりします。えぇ、ロンリネスな歌詞が可哀想で可哀想で大好きです!(。´д⊂)

あとさあとさ!(゚∀゚)ノ←二回目
例えば、「祈り」を「噛み締め」るって普通使いませんよね。でも合わさったらとてもイメージが湧く言葉で…。PJの最後で苦手科目が国語って掲げてた気がするんですが、それなのに感覚に訴える表現を創るのがうまいなぁと思いました。やっぱり突き詰めてったら語源まで考え始めるから国語が嫌いなんでしょうか?それとも金光さんの言うようにギター以外は感覚で生きてるから感覚に関して鋭いのかも?と思いました。


こんな感じで歌詞で「あああああ―――ッ(*´Д`)」と悶えてるのとほぼ同時進行で、曲の素敵さにも目覚めてしまったのです。
ギターonlyのイントロだったのにイキナリ色んな楽器入ったと思ったらAメロは静かにピアノから儚げに始まるしでああぁぁあ壊れそう…儚い…と床をゴロゴロのたうち回りましたよ(正気?) 何せピアノが絶妙なんですよね~。このピアノはラルクのライブでキーボードを担当して下さってるハタノさんなんですが、富樫さん(ラルクの音源でピアノをしばしば担当してる方)じゃないあたり、曲に合ったピアノの音色のことまでケン様は考えたのかなぁと思ったり。

あとドラムも好きで拾って聴いたりします。私普段はそんな器用なこと出来ないんですがカラオケver.の存在もあってやりやすかったみたいです(笑) 「トゥハアアァァァアアア――――ッッ」前後のドラムとか泣けてくる!。(゚つД`)゚
大サビ2回目で入ってくるギターも胸の切なさをかきむしりましてああもう大好きです!!このギターだけで苦しくなります、切なすぎて(´;ω;`)
そんなわけで、「Speed」は4曲目のカラオケver.も良いです!お気に入りです!!


歌も、そっぷの頃に比べてめちゃくちゃ上手くて。そっぷの歌い方はそれはそれで好きなんですがね。てか声が合ってるんですよね、「Speed」という曲に。裏声とかにもこれ以上ない!ってほど切なさが表れていて…。でも、「足音が~」のくだりの、下のケン様の声も好きです。普段の声が高めの人が出す低い声聴くとドキドキするんです、私(*/ω\*)
あと、メンバーがソロをすると、どうしても「hydeに歌ってほしかった」って声を耳にしますが、あんまりそのことは考えません。確かにハイドが歌ったら、それはそれで歌唱力のある素晴らしい新しい「Speed」が出来ると思うんですが、この「Speed」はケン様が歌って、既に一つの世界が出来てると思うんですよね。。あくまで私個人の意見ですが。

こんだけ寵愛してる「Speed」なので、今では夜中に聴いたらかなりの高確率で眠れるという、赤ちゃんにとっての母親の鼓動みたいな存在になってます。飽きたんじゃなくて、安心感。



「Speed」でこんだけ書いてしもうた(;´Д`)さくさくいきます。



2曲目の「Empty Rooms」はゲイリー・ムーア(すみません、私この方存じ上げておりません;;)のカヴァー曲です。そっぷでカヴァーやろうとしたけどやめて、ソロケンも最初はゲイリー・ムーアのカヴァーをやりたいってところから始まったみたいです。原曲をレンタルしに行ったんですが置いてませんでした。残念、どんなふうに変わったのか聴きたかったのに(´・ω・`)
うちの姉なんかは英語に関して厳しいので「(発音的な意味で)何言よるか分からん」とか言ってますが、私は歌詞見てて聞き取りやすいのでOK(笑) といっても、姉は「Speed」よりこっちのが好きみたいです。
この曲は、いちいち歌い終わりがセクスィー(*つД`)ここを堪能してますw あ、ちゃんと曲も聴いてますよ!間奏とか穏やかな気持ちになれます。

3曲目はインストですね。この曲(「Shadow Of Your Smile」)もこれまた原曲を聴いたことがない不心得者なんですが、浮遊感が好きです。宇宙空間に漂ってる感じ?で気持ちいいです。


うーん、文量の差が激しすぎる(;´д⊂) でも言葉に表せられないだけで2曲目、3曲目も好きですよ!ってことはちゃんと主張させてください<(_ _)>


あ、初回のジャケ裏の顔の下半分写真が好きです+* クチビルのぷっくり具合がイイ!!(*´∀`*)



これにて朝水の「Speed」語りは終わり……ません。
私が買ったのが初回盤だったのでPVとメイキングが付いているのです。


そんなわけで、~「Speed」映像編~に続きます……。





~「Speed」映像編~
初回に付いてきたDVDについて語りますね。
このDVDはおおざっぱに言うと前半はPV、後半はメイキング、という作りになってます。

PVはですね、ストーリー仕立てになってます。未だに正しいストーリーが分からないのがツライところなんですが、私の中で勝手に物語を作ったんで、もう、いいです(いいのか?) ケン様以外に外国の美少女、老人、ピエロ、少年などの登場人物が出てきて空の色と相まってアンニュイな感じを醸し出してるんですが、亀と黒装束の女性の存在が良く分りません。なんで亀?

私が最初にこのPVを観た感想はですね、「ケン様の萌えポイント詰め合わせました!PVだな…(*´Д`)」です。 スーツに煙草とか悶え死ぬ組み合わせだし、横顔のアップが多いし、大サビ前とか口元のどアップだし、モデル的な肢体・姿態をいかんなく映してくれるし、横からの腰アップとかたまらんし(ケン様の腰好き) 女性の監督さんのようですから女性の好みが分ってるんでしょうかw
以下、超個人的萌えどころ箇条書き形式で。順番に書いてますが、()内はそのシーンの位置。補足付きもいくつかあります。

・足の裏(アタマ)
 足…大きい…普段見れないところ…ハァハァ

・横から撮った腰のアップ
 私、ケン様の位置の高い腰つきが好きなのです…!
 ハイドちゃんは小尻で振ったら女の子みたいな尻ですが、ケン様は男の人~って感じの腰つき&色っぽさだなぁ~と思います。腰の位置が高いのも勿論素敵ポイントです+*

・流れるような動き(一番サビアタマ)

・瓶を拾うシーンの座り方(二番前)
 地面に足の裏がピタッってついててカワイイw

・どこか見てる眼(二番アタマ)

・フッと前を向く仕草と瓶を落とす手(二番「帳を~」のところから)
 前を向く仕草が凄い儚い。短髪・髭無しが特に似合う仕草。

・ガクガクした動き(二番サビ「ずっと」)
 ケン様のこの動きが新鮮で…(*ノωヽ)

・遠くを見やる仕草(二番「醒めないよずっと」)

・椅子に頬ずりするおじいさんの表情(ギターソロ前)
 すみません、どうしても外せなかったです!じいさん好きなんですよ…!!

・猫口、横顔(「足音が零れるままに」)
 これぞケン様好き垂涎の組み合せ!!

・地に手を着くおじいさん(同じく)
 おじーさぁーーーーーーん。(゚つД`)゚

・足をピョコっとあげる男の子(大サビ「悲しみよ」)
 いや…可愛いやん?

・俯くケン様と柱との絡み(その後)

・後ろでセットが燃えている中クールに立ち去る様子(ラスト)
 動きが洗練されている…!
 風でシャツの裾が捲れるのが個人的なポイント。゚+.(・∀・)゚+.゚

その他煙草を片手の動き、首筋、ホクロ、胸元とかパーツ挙げてったらキリがありません\(^o^)/


PVの後に収録されているE.piano ver.も素敵です(ノ∀`*) これなんでCDに入ってないの…。
聞きたい方は、ケン様のマイスペに行ったら三曲目で流れてきますw

んで、カラオケバージョンがその後に入ってるんですが最初「なんでカラオケにPVなんww」とちょっと疑問でした(´∀`)テヘ


最後がお楽しみのメイキング。PVのメイキングだけじゃなく曲のメイキングも入ってます。これがもぉ~おいしくておいしくて!
曲撮りから歌録り、PV撮影の様子まで「Speed」が出来るまでを映像に残してくれちゃってます+*
またまたツボ箇条書きです。


~レコーディング~

・先輩方に囲まれた後輩ケンちゃん。TAKASHIさんもチェックできます。゚+.(・∀・)゚+.゚

・「失礼、します」の時の脚長いなオイ!!

・身体が…薄い…。

・ベロ出しまくってカメラアピールするお茶目さが好きです(*ノωヽ)

・E.piano ver.がBGMになってる時の最後のカット、ケン様の素肌と服の間の空間にときめきを感じた秋の日、いやごめん年がら年中だ。

・ごちゃごちゃなピアノ演奏の時とか、直接素肌に服着てます?

・やっぱり謎のフラダンスはイイねっ!


~PV撮影~

・ボツになった二番の映像の方が好きなんですけどどうしましょう(゚Д゚≡゚Д゚) 最後の力の抜き具合とかヤバい!!

・カメラを見つけたら威嚇したり遊んだりしてくれるケン様が愛しい+* 3○歳なのになんでこんなに可愛いんだろう(*´∀`)=3
 また撮影が始まったらきりっとするギャップがいいですよねぇ~(ノ∀`*)

・椅子に座って写真を撮ってる時の、カメラさんのやり取りを見る上目遣い(*゚∀゚*)

・この前屈って足が長いほうが不利だよね!それでもあんだけ曲がるなんて素敵ッ!

「うっちー」になりたい。ケン様のチャックチェックしたい。明日から私のことを「うっちー」と呼んで下さい。゚+.(・∀・)゚+.゚←?

おにぎりいいぃいっぃいぃ!!!(゚∀゚) 見た瞬間に巻き戻しボタンを押したのが懐かしい!
 てかケン様一口がでかいよね(笑)

・子どもが二人おるww イントネーションが関西弁できゅんとした!

・このテルテル坊主はケン様作か?w 目が凄いです(笑)

・最後が笑顔集で纏まってるってのがニクイ。 個人的にはおじいさんと何話してたかが気になるところw



いやぁ、やっぱり初回って買っとくもんですねぇ+* いいDVDです(*´∀`*)




で、やっと最終章、~「Speed」本編~です。。





~「Speed」本編~
ついこの間復刻されました「Speed」本についてです。
私が持ってるのは初回の方で、2006年秋に出版されてたのに買ったのは2007年秋です。一年のブランクがあったのによく原価で手に入ったなぁ。しみじみ。ちらっと見かけた話ではオクでは15000円とかになってたんですっけ。。
どうしても書きたいので入手までの経路を書かせて下さい(笑)


2007年9月中旬、「Speed」にハマってハマって仕方なくなった朝水さんは本も欲しくなっちゃったんですね。
で、そこでまず頼ったのは熱帯林さん。が、10月の31日に届くと言う。アホかと。6週間も待たすんじゃないよと。
でもまぁ、欲しいのは自分だしそれこそ一日千秋の思いで純粋に待ってましたよ。で、2週間ぐらいたった9月末に「在庫がありません」という連絡が入りましたよ。
この時の私の絶望感と言ったらありませんよ!無いんなら無いで最初からリストに入れるなや、とか、2週間分の私の期待を返してくれ、とかもうドロドロでしたよ。言葉遣いが悪くて申し訳ないんですが、リアルな感情です;;

で、ここで姉から「宮脇に聞いてみたら?」と言われるんですね。
私、正直に言って宮脇には最初から期待しておりませんでした。直接顔見て注文するのが恥ずかしいし、何と言ってもネットの会社の方が強いイメージがあったのでね。
でも、もうそんなこと言ってられん!宮脇に突入や!ってことで10月13日に行って来たんですよ、学校から最寄りの宮脇に、題名とか言うのが恥ずかしいのでメモ持って。
案の定、数人がかりでレジ内でパソコンで検索かけまくってる店員さん。あ"ぁあ"すんませんこんなヲタのために(;´д⊂) あ、ムックとの対談我報でケン様が歌手の「SPEED」の曲かと思われないかと思ってた!みたいに言ってましたが、途中から「Speed」捜索に乗り出したおばちゃんの店員さんは明らかに最初『「SPEED」の写真集?』みたいな調子で若い店員さんに聞いてました。いや、私はアイドルよりおっさんに興味が…。
で、バタバタすること数分、「本店にあるので取り寄せますね」との天のお言葉が!!もうね、あまりの嬉しさにレジで半泣きになったよ。
異常なほどに店員さんにお礼を述べ、喜々として店舗を後にしたんですが、帰り道で「アレ?一週間ぐらいで届くなら最初からこっちにしといた方が良かったんじゃね?(´∀`)」ということに気付きました(笑) なんて言うかとにかく、アナクロ万歳!!ヾ(*´∀`*)ノ


以上が私が「Speed」本を手に入れるまでの経緯です。



では肝心の内容について。まず詩から。私は詩の読解が得意じゃないので一部ですけど。

「Speed」
『速い方が偉いと思ってた。』って一文が衝撃的。意外って意味はなく、ただただ衝撃的。

「Isolation」
ケン様の「逆転の発想」が凄く好き。後の「Numbers」や「Memories」もそうですが目から鱗が落ちました。

「Pierrot」
日本語だけ読んでたら意味間違ってとってた(笑) そんな曖昧なケン語が好きv

「Numbers」
畏れ多いことに、こっそりうちのブログ名の由来ですね(笑)
数学嫌いな人間としては、なんて素敵な発想だろうと!私はよく「数学死んでしまえ!」(日本語変)とか言いますけどこんな風に考えたことがありませんでしたよ。
そして苺萌え。

「Memories」
これも「結果」の発想が好き。あと題材が「記憶」のあたりちょっと理系を感じたw


以上、詩の感想でした。
ケン様の哲学、みたいなものを作ってしまえばいいと思いました。てっちゃんの「哲学。」に対抗したものではなく、純粋な学問としての哲学。教科書に載っててもいいよ……!




で、写真はというとですね、同じタイトルの詩もありますが「放浪」というイメージです。むしろ「ア パリ」に入ってても、美女との絡みよりも違和感無いかもしれない。
白黒モデル写真とか山中彷徨い写真とか禁断のベッドインとか目隠しとかなんかもう目を離していたくないんですよッ!!(やばい)
さて、シチュエーションごとに感想をガーッと書いていきますね。

・モノクロ
姉ちゃん曰く「別人やん」 、私曰く「イタリアとかのモデルみたい」な感じです。
腰のアップとかたまらんですばい(*゚д゚)=3=3 

・山中散策
数時間前までSAでソフトクリームを食べていたとは思えないカッコよさです(*´д⊂) イキナリ出てきた顔面どアップには流石にビックリしましたが唇の猫加減に萌えておきました∑d(゚∀゚d)
喫煙横顔どアップ写真(モノクロ)の煙草の短ささえ渋さを増す要素になってますよ!あと指のホクロをガン見。
緑の中に直立で佇む様子が森の妖精さんみたいやと思ってしまったww 黒づくめやのにww

・on the bed
え~と…結局一枚目は脚なんですか?(;゚∀゚)なんか「ちょっとだけよ」みたいな見せ方だなぁとw 大体脚なら全体としてどんなポーズをとってるんだ?w
ケン様ぐらい手の指の長い人を見ると毎回小指の関節の数を数えてしまう…。これ本当に同じ人類の指?(´∀`)嘘でしょ?(朝水さん身長の割に手が小さい、足大きい)
下半身ケンタウロスって言ってたけどそんなに毛濃くないですよね?ていうか脚だけじゃなく足も綺麗…(*´Д`)
うつ伏せで、伏せられた眼にうっとり。

・白シャツ
全体的に白くなってる写真の眼が遠くを見ていてコワイッでもその眼つきが好きvv
目ー隠ーしーヾ(*´∀`*)ノ なんかもうお気に入りなんですけどこの写真!気に入り過ぎて長いこと携帯の待ち受けだったよ! 目が見えない分クチビルの形の良さがモノを言いますね+* あと、乳輪は見せてるけどティクビは見せない辺りにチラリズムを感じた!(爆) クロスの隣のホクロが好きなんですよ…サラシの時もここのホクロは重要だよね(゚∀゚)
濡れケン様。シャツ越しにティクビが透けてるのにチラリz(ry で、胸元がアップの写真の鎖骨らへんについた髪の毛が気になる。取ってあげたいww←こんな気にさせる作戦か?
下の方で開いたシャツから覗く素肌って下チチみたいなもんですよね←?

……この項目でエ口検索に引っ掛かりそうなワードが出てるけどそれで来ちゃった方、すんません。

・ゴスケン様
「Pierrot」の詞に合わせたのかな?
ケン様のモミアゲ好きとしては、一枚目の生え際はたまりませんw
アップの写真の質感が好きです。

・都会で放浪
…ツッコミどころとかないぐらい完璧なカコイイ写真群なんですけどどうしましょうか(笑) あ、ケン様とツツジ(サツキ?)の組み合せは意外でした。
煙草の煙を吐く姿はヤッパリ素敵+(*´∀`*) 手の形まで優雅+*

・白シャツ2
グラスを掲げた写真は、「脚、なっがいなぁ」と改めて思います。
ラスト三枚、「て、天使や…天使がおる……(((゚Д゚)))」と騒いでました。それにわっかい! あと「Speed」本唯一のカメラ目線が見られます(笑) そしてこの写真の笑ってんのか無表情なのか見るたびに分からなくなる表情が好きです(*ノωヽ)

・海辺
カラスの死体…本物?
CDジャケの続きみたいな写真、首元のストールが…なんかエ口く感じられます…。
砂を見る眼に鳥肌。

・ラスト
最後の横顔に「HEART」のジャケを思い出す。カブらせる理由が分からないのできっと偶然なんだろうけど、「変わらないなぁ」と溜め息。


以上!「Speed」本の感想でした!







そしてこれにて長々と書き綴ってきた「Speed」語りも終わりを迎えます。
ここまで読んだ方、お疲れ様です!猛者ですね!(笑)
まぁ取り敢えず文にしてみたけど言葉に表せられない「好き」の感情もいっぱいあるわけで…。これで私の「Speed」への愛は終わりじゃないですよ!っと気持ちの悪いことだけ言って、終わっときますw
<<あぱると… | BLOG TOP | 「あぁ は~やくぅぅうう~♪」再び、だが、ちょっと待って。>>

comment

  1. 2008/10/09(木) 23:48:24 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
あ。。。愛だね
正直流し見しかできませんでした(長文苦手)
なんかのインタでたしか
「いろんなスピードがあるでしょ?遅いのもスピード速いのもスピード、それぞれのスピードで行きましょう」てきなことを言った気がする
ものすごいニュアンスだから全然あってないかもたけど
だから、決して速いって意味のスピードじゃないらしいよぉ

  1. 2008/10/10(金) 16:04:41 |
  2. URL |
  3. 朝水
  4. [ 編集 ]
>>萌ちゃん
ドン引き覚悟でやりました、ハイ―w―
まぁ、ソロケンちゃんのアルバム出る前しかチャンスはないと思ったのでね^^; もうこれほどの暴挙はしません!

あ、「読み飛ばし可」の注意書き書いときゃよかった!
そんなわけで流し読みも大歓迎であります!
私は、(例えば誕生日に)「生まれて来てくれてありがとう」とか綺麗な言葉を言えないのでどうしても量が増えるのよ~;;

「音戦」でのコメントはちょっと読んだことあるんだけど、そんなことも言ってたんやな~。勉強になりました+* ありがとうございます<(_ _)>
マイペースで生きてるケンちゃんにピッタリの言葉やと思いました(uvu*)

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


▲PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。